読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

審査請求〜リジェクト!!

審査請求しました。

審査請求したものがレビューアーにきこんなメッセージが来ました。

 

----------

Dear KOICHI KAMACHI,

The status for the following app has changed to In Review.

App Name: 来世は
App Version Number: 1.0.7
App SKU: org.kamachi.Devine3
App Apple ID:1202612745

----------

ところが、それがリジェクトされてしまいました

すごいことに速攻で返事が来てしまったのです。

----------

Dear KOICHI,

We've sent you a new message about your app, 来世は ( 1202612745 ). To view or reply to the message, go to Resolution Center on iTunes Connect.

Performance - 2.1 We discovered one or more bugs in your app when reviewed on iPhone running iOS 10.2.1 on Wi-Fi connected to an IPv6

 

----------

 

変なんですねえ。僕のこれ、ネットワークに接続するアプリではないのですが。

 

それで、どうしたら良いか、調べていると、

 

slackで交流している友達が、

 

Twitterで検索かけてみると、クラッシュする不具合を持ってた場合、IPv6の文言も自動的について送ってきているっぽいという推測が流れていました。」と知らせてくれた。

 

そこで僕は、「このアプアリ、決してクラッシュしているわけではないはず、何か問題が別にある」と


それで、メッセージをもう一度読んでみると。

“ We discovered one or more bugs in your app when reviewed on iPhone running iOS 10.2.1 on Wi-Fi connected to an IPv6 network.

Specifically, we selected some of the contents, but we were unable to continue after this stage.

Please see attached screenshots for details.”

で、

「これは、もしかすると、何か審査員がアプリを動かせない状態があるんでは」と思い(この辺り他人のせいにしてしまうのが僕の悪いクセ)、次のようにメッセージを送ってみたのです。


—————“”

このアプリは、ユーザーの来世を占うアプリです。

ユーザーのデバイスにインストールして初めて起動する時は、最初に、来世を占ってみようという表示のある画面がでます。その「来世を占ってみよう」という文字はボタンになっていますので、それをクリックすると、占いの前提に成る「善行」のリストがテーブルで表示されます(アタッチしてくださったattached screenshotsのようなもの)。

f:id:pasojiix:20170224154224p:plain

そのテーブルに表示される善行についてチェックを入れて、一番下にある「占うぞ」という文字(これがボタンになっています)をクリックすると、自分のなりたいものもテキストで記入することのできる画面に進み、その後、判定ボタンを押すと、来世が表示されます。これはユーザーがこのアプリを初めて起動した時の動作です。

それをもう一度やってみようとすると、このアプリは、前回の占いをした時刻を覚えていて、1日経っていないと、「前回から時間が経っていないから占いの結果は変わらない」という警告とともに、前回に占った答えが表示されます。

しかし、前回に占った時から1日経つと、「前回の占いから1日が過ぎた!善行により来世が変わる可能性がある!今一度占ってみなされ!」という通知(Notification)が出るとともに、バッジが表示されます。

ユーザーがそれに促されてアプリを起動すると、今度は、初めてユーザーが起動した時と同じように、占いが可能になります。

このように作ってありますので、審査される時も、一度起動されたら、同じデバイスで続けて2度目に起動する場合は、上記のように「占い」ということに進むための、善行リスト(アタッチしてくださったattached screenshotsのようなもの)が表示されません。1日経つと、通知が出ますので、続けて審査作業される時は、そのテストデバイスからこのアプリを消去してから行ってください。

“”—————

 

そうしたら、即、次のようなメッセージが来たのです!

 

Hello,

Thank you for your response. Upon further review, we are unable to find the 「来世を占ってみよう」button as you have suggested. We scrolled all the way down, but no such button was found.

Please make applicable changes to resolve the issue and resubmit the revised binary for review.

Best Regards,App Store Review


「よう知らせてくれたね。で、もいっぺんやってみたけど、あんたが言うような「来世を占ってみよう」ボタンは、テーブルをちゃんとスクロールしても出てきいへんで」

「ここら辺、ちゃんと直してえな。そいでもってこれが治ったら、もいっぺん、送ってくれへんか?」

—————

そうか、これはひょっとして、ひょっとすると!

オートレイアウトでちゃんとやってたつもりが、そそっかしいじいさんは、何かへまやらかしてたのに違いないと。

それで見てみたら、いちばん小さい、iPhone5で、下のボタン(占うぞおおというボタン)が見えない。


これは、いけない。オートレイアウトの間違い。

 

これを直すのは、このボタンの配置制約を、下から何ピクセルかと設定すればよい。その上に、どんどんオブジェクトを設定するようにしたら良いはず。

それで大急ぎでそれを直し、もういっぺんarchiveからbuildまでやって、審査再請求。

その間、次のようなお礼メッセージを送信したのも、当然です。

 

----------

Hello, Dear My Reviewer!

Thank you for your comment.I am ashamed. I have a mistake setting the auto layout made.Now the mistake is completely solved.So I will submit the revised binary soon, version 1.0.7.Please review new one.I thank you! And Best Regards!

Oh, No!

New version will be 1.0.8 !
Thank you.

「あんがと〜! 恥ずかしいなあ、僕。オートレイアウトミスっちゃった!今、ちゃんと直したからね。そいつを直ぐ送るから頼むね!」

—————

どうかなあ。これで、うまくいくかなあ。
これ送ったのは、今日、2月24日午後。

待ち遠しいなあ。